借金返済 任意整理

借金の返済が進まない・・・元金が払えず、利息支払になっている・・・

 

人それぞれ悩みは違うかと思いますが、共通して言える事は、「借金を減らす目処が立たない」という事ではないでしょうか??

 

 

もし、本気で借金を返したいと考えている方は、当サイト内のこちら

 

⇒ 借金を早く返すには | 計画を立てる事が大事です。

 

こちらもご一読頂ければ幸いです。

 

 

さて、借金の返済目処が立たない事で、任意整理を検討する事は、1つの手段かと思われます。

 

ただし、任意整理とはどんなものなのか?そして、メリットやデメリットなどはないのか??これらについてまとめてみましたので、参考にして下さい。

借金返済 任意整理 メリット

まずはメリットについてですが、任意整理を行うと、借金が減額、もしくはなくなります!!

 

 

まず、任意整理とは、裁判所などを挟まずに、債権者と債務者(もしくは代理人)との間で、借金返済に向けた話し合い、和解交渉を行います。

 

その結果、将来利息の発生を抑えて、元金もしくは、和解日当日までの利息を付与して金額を確定します。

 

あとは、毎月の分割か、一括返済で借金を終了する方法が、任意整理の主な方法です。


 

もし、グレーゾーン金利などで取引していた分があれば、元金が減額される事もありますし、場合によっては、過払い金請求が可能になる可能性もあります。

 

過払い金の返還請求になれば、元金はなくなりますし、信用情報にも「完済情報」の報告となり、メリットが大きいので、まずは代理人に確認してみるのが良いでしょう。

借金返済 任意整理 デメリット

逆にデメリットですが、もし毎月の支払に遅れるような事があると、和解が解除されます。

 

 

「期限の利益」と呼ばれている、債務者保護の利益で、期限を過ぎるまでは一括の支払を求めたり、差し押さえなどの強制執行を受けないよになっているのですが、和解が解除されると、「期限の利益を喪失」し、一時に支払しなければなりません。

 

よって、遅延損害金として、利息を付与して支払したり、給与の差し押さえなどをされる可能性がありますので、注意しましょう。


 

※普通に返せば、期限の利益を喪失する事はありませんので、ご安心下さい。

 

 

あとは、信用情報に異動情報(=ブラック情報)が掲載される事になります。

 

これで、クレジットカードなどが作れなかったり、住宅ローンなどの審査が通らない。という可能性が出てきます。

 

 

これらメリットとデメリットをしっかりと把握の上で、1つの選択肢として検討しましょう。

 

 

借金返済 任意整理 トップへ戻る